むずむず症候群の内的要因と外的要因

むずむず症候群の内的要因と外的要因

むずむず症候群の内的要因と外的要因

むずむず症候群は内的要因から来るものと外的要因から
来る二通りのパターンがあります。

 

内的要因には毎日の食事内容から来る栄養の偏りがあります。

 

脚や手がむず痒いのは主にドーパミンという神経伝達物質の
不足が原因であることが多いです。

 

ドーパミンは鉄分を摂取することで体内で適切な量を維持
することが出来ます。
では、ドーパミンが不足して来ると体にどのような影響を
及ぼすのでしょうか?

 

私達の脳内には大脳皮質という領域があって、その中に
線条体という領域もあります。その線条体の中に
ドーパミンが数多く存在しています。
また、ドーパミン受容体という神経から伝達される情報を
受信する働きを司る部分もあるのです。
むずむず症候群は内的要因から来るものと外的要因から
来る二通りのパターンがあります。

 

内的要因には毎日の食事内容から来る栄養の偏りがあります。

 

脚や手がむず痒いのは主にドーパミンという神経伝達物質の
不足が原因であることが多いです。

 

ドーパミンは鉄分を摂取することで体内で適切な量を維持
することが出来ます。
では、ドーパミンが不足して来ると体にどのような影響を
及ぼすのでしょうか?

 

私達の脳内には大脳皮質という領域があって、その中に
線条体という領域もあります。その線条体の中に
ドーパミンが数多く存在しています。
また、ドーパミン受容体という神経から伝達される情報を
受信する働きを司る部分もあるのです。

 

脚や手に受けた刺激はドーパミンによって
ドーパミン受容体へと伝達し脳がそれを認知出来るように
なっています。

 

ところが、このドーパミンが不足すると、正確に情報の伝達が
出来なくなり、脳が間違った判断をしてしまうのです。
少しの刺激にもかかわらず、大きな刺激であると勘違いして
しまったり、逆に大きな刺激であるにもかかわらず、大した
ことはないと間違った判断をするようになります。

 

むずむず症候群の原因はまだ完全に解明されていませんが、
おそらくドーパミンの不足から来る神経伝達の不具合が
もたらす症状ではないかと考えられるようになって来ています。

 

ですので、ドーパミンの不足分を補って正常値を保つように
してやれば、むずむずの不快な症状も緩和出来るはずです。

 

ドーパミンは鉄分を介して作られると言われています。
ドーパミン生成時に鉄分が何らかの関与をしていることが
知られています。

 

鉄分は元来体の中で生成される物質ではなく、外部から
摂取しなければ体の中に必要な鉄分量を維持することは
出来ないのです。

 

そして、鉄分の中でも体に吸収されやすいヘム鉄と吸収され
にくい非ヘム鉄があります。
ヘム鉄は動物性の鉄分で、非ヘム鉄は植物性の鉄分に
なります。

 

鉄分を効率良く補うには、吸収性の良いヘム鉄を多く含む
レバーやカツオやマグロ、赤貝などを多く食べることで
鉄分不足を補うことが出来ます。。
それに加えて、ヘム鉄やビタミン類を抽出したむずむず症候群サプリ
を常用するのもお勧めだと思います。


ホーム RSS購読